FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『地下鉄(メトロ)に乗って』


2006年(邦)人情/喜劇        評価★★★☆

原作:浅田次郎
監督:篠原哲雄
出演者:堤真一 、岡本綾 、常盤貴子 、大沢たかお etc

〈作品紹介〉
浅田次郎原作のベストセラー小説を堂々映画化。
父親と疎遠になった真次(しんじ=堤真一)のもとに父が倒れたとの知らせが入る。
そんな今日は若い頃に死別した兄の命日だった。
物思いに浸り地下鉄に乗り、着いた先は昭和39年の世界だった・・・。

〈作品感想〉
これもまた浅田ワールド炸裂ですね。
あったかくて、ほのぼのしてるのに、何故か切ない気持ちになる映画です。
俳優陣も中堅どころで脂の乗った演技派を揃えていて演劇的な感じも受けます。
ストーリー的にも面白みがあり、作者が伝えたい“愛の形”がきちんと伝わってきました。
やはり僕はこういったちょっぴり幻想的な話が好きですね。

スポンサーサイト

2007/09/02 20:45 | ま・み・む・め・もCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。