FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『チルドレン』

2006年(WOWOW)  人間/サスペンス    評価★★★☆
原作:伊坂幸太郎
監督:源孝志
脚本:源孝志
出演:坂口憲二、大森南朋、小西真奈美、加瀬亮、三浦春馬、小林隆、渡辺典子、長谷川初範、國村隼 etc


〈作品紹介〉
家庭裁判所の調査官武藤(=坂口憲二)は、先輩の陣内(=大森南明)と一緒に銀行強盗の巻き添えを食う。どうにか全員人質は無事に解放されたものの、武藤はショックで倒れそうになった美春(=小西真奈美)を抱きとめる。後輩の一目惚れを見逃さなかった陣内は、勝手に女性の名前と勤め先を調べ上げ、武藤をけしかけるのだが……。


〈作品感想〉
うまく原作を料理した作品だったと思います。伊坂幸太郎の良い意味で軽~い感じがうまく出てました。WOWOWのドラマWは良作が多いですね。まず出演陣が豪華です。ちょい役にもいい役者さん使ってますね~。

加瀬さんが演じた「永瀬政人」、原作では結構重要なんですよね~。あそこまでチョイ役だとは・・・。代わりに原作では登場しない奇麗どころの小西真奈美を前面に出してます。原作は原作で、ドラマはドラマで楽しめる作りになっていると思います。

坂口憲二と大森南朋はかなり原作のキャラクターを捉えてたと思います。原作は結局、陣内劇場と化すのですが、ドラマでは美味しい所を取られない様に武藤もがんばってましたね。ラストは問題丸投げか~って思ったらエンドロールで締めてくれてた。でも何度も独り飯のシーンがあったので、どうせなら武藤と美春が食事の約束をするとか、食卓に2人分の料理が用意してあるとかで終わって欲しかった。

「そもそも、大人が格好良ければ子供はグレねぇんだよ」


スポンサーサイト

2008/10/19 18:20 | た・ち・つ・て・とCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。