FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『ダメジン』

2006年(邦)  人情/喜劇    評価★★★
監督:三木聡
脚本:三木聡
撮影:小林元
出演:佐藤隆太、市川実日子、緋田康人、温水洋一、篠井英介、ふせえり、笹野高史、岩松了、山崎一、片桐はいり、麿赤兒、園子温、伊東美咲、吉岡秀隆 etc


〈作品紹介〉
仕事もせずブラブラと暮らしているリョウスケ、ヒラジ、カホルは、猫ジジイから、「インドでは何もしなくても生きていける」と聞かされ、インド行きに思いを馳せていた。その頃、彼らの幼なじみ、チエミの元へ、以前失踪した恋人ササキが帰ってくる。ササキに無理やり連れられドライブへ出かけた3人は、出先で謎の宇宙人と遭遇し、「インドへ行き人類を救え」とお告げを受ける。資金を集めるため、3人は先輩の企てる銀行強盗に参加するが…。


〈作品感想〉
「あ~あ~人生早く終わんないもんかねぇ~」

公開は2006年だが製作は2002年とこれが三木監督のデビュー作といってもいい作品です。相変わらずキャラクターはそれぞれ個性的ですが、内容が全くないです。それはさておき、三木ワールドには欠かせない「岩松了」「ふせえり」「緋田康人」は最高ですね~。監督独特のシュールな笑いをきちんと表現していて随所に笑わせてくれます。

序盤の“カマイタチ”の所は笑えましたね~。でもあとは動物虐待とか汚いネタとかが多くて(狙いなのかも知れないが)失笑が多かったかな~。

ストーリーも細かい演出は随所に見られるんです。でも大筋がユルユルなんで細かい所なんてどうでもよくなってしまう。テーマがあるんだから、もうちょっとストーリーにも力を入れて欲しかった。まあ、大抵の所にヒモは埋まってるらしいから、ストーリーもその紐で締めて欲しかったよ。

スポンサーサイト

2008/10/28 00:14 | た・ち・つ・て・とCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。