FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『FRIED DRAGON FISH』

1993年(TVドラマ)   犯罪/サスペンス    評価★★★★
監督:岩井俊二
脚本:岩井俊二
音楽:REMEDIOS
出演:芳本美代子、浅野忠信、酒井敏也、光石研、山崎一、田口トモロヲ、HIROSHI OHGUCHI etc


〈作品紹介〉
関西テレビ深夜ドラマ枠『La cuisine』(ラ・キュイジーヌ)で放送され、後に劇場公開される。

探偵事務所を営む男(=酒井敏也)は、営業マン(=田口トモロヲ)から情報バンク「デルタワークス」の説明を受けていた。無料キャンペーンを試す探偵だったが、そこへやってきたオペレーターがプー・リンウォン(=芳本美代子)だった。生物学者のペットである「ドラゴンフィッシュ」の捜索を依頼されていた探偵はプーと一緒にデータバンクの情報を駆使して探し始める。トビヤマという、データバンクですら情報が引き出せないトップシークレットの男の「水族館」と呼ばれるアジトを探しているうちに、プーはナツロウ(=浅野忠信)という少年と知り合う…。

〈作品感想〉
クラッシックは身体で聴くんだ。

この作品、改めて観ると田口トモロヲと酒井敏也の演技の下手さが分かりますね。演技派で知られてる彼らも若い頃はこんな感じだったんですね。内容も説明な台詞が多くて、岩井俊二も最初はこんな感じだったんだと、なんか逆に新鮮でした。昔観た時は全く感じなかったのに・・・。

警察に見つからないために外に出られないナツロウは、水槽の中の魚からいろんな事を学んだ。でも恋だけは学べなかった。ドラゴンフィッシュが目当てだったプーも、奇妙な魅力を持つナツロウに惹かれていく。彼女と海に行く約束を守れなかったナツロウは、お詫びにドラゴンフィッシュをプレゼントする。

最後のオチがとてもよかったです。短いながらも深い味わいがある、岩井作品は相変わらずエスプレッソのような作品ですね~。

スポンサーサイト

2008/12/04 08:25 | は・ひ・ふ・へ・ほCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。