FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『秒速5センチメートル』

2007年(邦)    青春アニメ   評価★★★★☆
原作/脚本/監督:新海誠
キャラデザイン : 西村貴世
美術 : 丹治匠、馬島亮子
音楽 : 天門
声優:水橋研二、近藤好美、 尾上綾華、花村怜美 etc


〈作品紹介〉
「雲のむこう、約束の場所」に続く、新海誠の4作目の監督作品。「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の3本の短編に別れているが、つながりのある内容となっている。

東京の小学生、貴樹と明里はお互い特別な想いをかかえていた。卒業すると明里は栃木へ転校し、それきり会うことが無くなった2人だが、夏のある日の手紙をきっかけに文通を重ねた。その年の冬、鹿児島へ転校すると決まった貴樹は、ある大雪の日に明里に会いに行く・・・。


〈作品感想〉
まず一番に感じる事は“新海作品”すべて背景が美しすぎます。僕の中ではスタジオジブリを越えている気さえします。なんといっても明暗、とくに「光」の彩色は惚れ惚れします。

そしてカメラアングルですね。背景の奥行きの深さはいままで観たアニメでは一番なのではないでしょうか。
鳥の飛んでるシーンで、地上から鳥の位置までカメラが上がり、カメラはそこからさらにグーンとあがって行くのですが、その奥行きの深さは半端ないです。ロケットが打ち上がるシーンでも同様にすごい撮り方してますね~、映像観てるだけで感動できます。

そしてタイトルと内容のこだわり。
監督が“スピード”というものにこだわったと言う通り、様々なもののスピード感がすごく伝わってきました。僕はその中でも「桜花抄」の彼女の所に着くまでの電車のスピードと貴樹の心の動き(焦り)(諦め)(ぶつけられない怒り)がとてもよく描かれていた気がします。彼女には会いたいけれど、帰っていて欲しいと願う心にとても共感出来ました。

★が半分足りないのは、背景が奇麗すぎてキャラとのバランスがよくないっていう点と、小学生なのに思考が落ち着き過ぎている点ですね~。

スポンサーサイト

2008/01/16 22:19 | は・ひ・ふ・へ・ほCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。