スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『7月24日通りのクリスマス』

7.24.jpg2006年(邦)恋愛     評価★★★☆

原作者:吉田修一
監督:村上正典
脚本:金子ありさ
出演:大沢たかお 、中谷美紀 、佐藤隆太 、上野樹里 、小日向文世 、YOU、etc

〈作品紹介〉
芥川賞作家・吉田修一原作「7月24日通り」を、劇場版「電車男」を手掛けた村上正典が映画化!
西洋風の建物や坂が多い長崎で、恋に臆病になっていた女性が殻を破り新しい恋を実らせようと奮闘する、ロマンティックコメディ!

〈作品感想〉
演出は“嫌われ松子”のように『アメリ』風になっているのだが、めちゃめちゃ出来がいい。観る人によってはよくあるシンデレラストーリーだねって言うかもしれないけど・・・。
中谷美紀も“松子”で味をしめたのか“モテない女”役を完璧に演じていて、スゲっす。でも1番はYOUですかね、グッジョブ!!

主人公のサユリ(中谷美紀)の気持ちがとてもよくわかる自分としては入り込むのが楽でした。
あと劇中で森山(佐藤隆太)がサユリに言った言葉「お前は誰も見てない、夢に恋してるだけだ」はズシンときました。まさしく今の自分かも?
挿入歌も僕が一番好きなクリスマスソング「ウインター・ワンダーランド」が使われていて和みました。最近の映画だと『Presents合い鍵』でもキーミュージックとして使われてましたね。

スポンサーサイト

2007/09/03 07:19 | さ・し・す・せ・そCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。