FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『自虐の詩』

2007年(邦)人情/喜劇    評価★★★☆

原作:業田良家
監督:堤幸彦
出演:阿部寛 、中谷美紀 、遠藤憲一 、カルーセル麻紀 、竜雷太 、名取裕子 、西田敏行 etc


〈作品紹介〉
業田良家原作同名4コマ漫画を映画化!

阿部寛演じるちゃぶ台返しが得意のイサオ、そんなイサオに絶対的な愛を捧げる中谷美紀演じる幸江の2人を中心に、2人を取り巻く人々のリアルな生活を描いた笑あり涙ありのエンターテインメント作品!


〈作品感想〉
予想通り『嫌われ松子の一生』とカブりました。でも自分は『自虐の詩』の方が笑えました。

予想していたよりもしっかり作られた作品でした。人物構成や物語の起承転結がしっかりしてました。原作が4コマ漫画なだけに話がスムーズに流れてはいないですが、そのあたりは想像して観ればいいと思います!

逆に話と話のあいだにきちんと小区切りをつけて(コントのようにフェイドアウトさせて)、連続短編集みたいな作りにしてもよかった気がする。それで要所要所に必殺“ちゃぶ台返し”を折り込んだほうがテンポが出たかもしれない。

なんにしても、カルーセル麻紀に助演女優?賞な感じでした。


スポンサーサイト

2008/03/16 17:07 | さ・し・す・せ・そCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。