FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『象の背中』

2007年(邦)       評価★★★★
ジャンル : 人間愛

監督:井坂聡
出演:役所広司 、今井美樹 、塩谷瞬 、井川遥 、高橋克実 、白井晃 etc


〈作品紹介〉
秋元康の長編小説を「g@me.」の井坂聡監督が映画化。

48歳の藤山幸弘は、末期の肺ガンで余命半年と突然宣告される。残された時間をどう生きるかの選択を迫られるが、延命治療をせずに、これまで出会った人々と再会をし、別れを告げる決意をする。家族の絆、そして夫婦愛を真正面から描いた感動作。


〈作品感想〉
この作品は、癌の治療で大変な思いをされた人や、浮気の許せない女性などには受け入れられないみたいです。
でも自分がもし末期の癌と宣告されたら、延命治療を受けないと思います。最後にやり残したこと、自分の好きな事がしたいから。でも愛人と対面する妻の気持ちはどうしても理解出来ません。許せないよな~、絶対!!

まぁそのへんの話しは物語の本筋とは違いますので、本筋だけ観ていけばとてもいい作品だと思います。一番グッときた所は、

「もう一度、生まれ変わっても私にプロポーズしてくれますか?」

という妻の台詞ですね。そしてその問いに答える様に、意識のないまま手を握り返す夫。泣けました。


そしてやはり役所広司の演技は素晴らしいですね。
この役の為に体重を10kgも減らして臨んだだけあって本当の病人のようでした。その様子は『レナードの朝』のロバート・デニーロを彷彿させるものがあり、本当に見事でした。



スポンサーサイト

2008/03/20 14:52 | さ・し・す・せ・そCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。