FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『将軍家光の乱心 激突』

1989年(邦)   時代/アクション   評価 ★★★★
監督:降旗康男
脚本:中島貞夫
原作:中島貞夫
出演者:緒形拳 、千葉真一 、松方弘樹 、二宮さよ子 、京本政樹 、丹波哲郎 、長門裕之、織田裕二 etc


〈作品紹介〉
将軍・家光(=京本政樹)は自分と似ていないという理由で長男・竹千代を嫌って佐倉藩に預け、次男・徳松を溺愛していた。そして将軍継承を行う前に竹千代を殺す計画をたてる。ある日、竹千代を幕府の刺客団が襲ったが、石河刑部(=緒形拳)ら凄腕の浪人達が護衛していたため、事無きを得た。刑部と家光の間にも因縁があった。かつて刑部は妻を家光の側女として無理矢理召し上げられていたのだった。
将軍継承に絡み我が子・竹千代を殺そうとする徳川家光と、それを守ろうとする藩士達との攻防を描く…。

〈作品感想〉
物語はよくある感じで、将軍の暗殺計画から世継ぎの子を6人の浪人が守るといった話ですが、アクションや構成などは素晴らしいものがありました。浪人達が大軍に追いつめられ、最後の戦いに入る時にTHE ALFEEの「FAITH OF LOVE」が流れるんですが、時代劇なのにロックをもってくる斬新さがカッコいいです。

6人のうち、一番先に逝ってしまう織田裕二。台詞もほとんどありませんが、6人のうちで一番活躍したのはこの人でしょう。死ぬ間際に100人くらいは道連れにしちゃってます。

やっぱり圧巻は、緒形拳と千葉真一の一騎打ちのシーンですね。2人が格好良く剣を交えるのではなく、バタバタ、ドタドタと転げながら、家の中の物とか投げたり、鶏小屋に突っ込んだりと、リアリティーのある2人の死闘は見事でした。

浪人達が命を投げ出しても、竹千代を守ろうと決意するシーンや演出があれば、より面白く感じたと思う。その辺りが残念な所です。

スポンサーサイト

2008/10/09 14:20 | さ・し・す・せ・そCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。