FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『g@me』

2003年(邦)  ミステリー/サスペンス    評価★★★☆
監督:井坂聡
原作:東野圭吾
脚本:尾崎将也 、小岩井宏悦
出演:藤木直人 、仲間由紀恵 、石橋凌 、宇崎竜童 、IZAM 、入江雅人 、小日向文世 、生瀬勝久 etc


〈作品紹介〉
東野圭吾の犯人側の視点のみで物語を描いた前代未聞の誘拐小説『ゲームの名は誘拐』を基に映画化。

エリート広告クリエイターの佐久間(=藤木直人)は、仕事で屈辱を味わわされた広告主・葛城の娘・樹理(=仲間由紀恵)が家出するのを偶然目撃し、樹理に自分を人質として父親から3億円の身代金を奪うという狂言誘拐を持ちかけられる。計画を実行していくうちに、二人は恋に落ちていくのだが…。

〈作品感想〉
これ、原作を読む前に観ました。そしたら騙されました、くやしいですっ。2転3転するストーリー展開は圧巻です。原作を読む前に観た方が楽しめると思います。

原作を読んだら、互いの心理戦が細かく描かれていてさすがだと思った反面、映画は映画でオリジナルに変えていたんだと気付かせてくれました。う~ん、でも恋愛部分がない原作のほうがすっきりしてて僕は好きですねぇ。

映画のほうは騙し騙され+恋愛という形になってますが、それがこの美男美女を選んだ理由なんでしょうね~。確かに2人を観ているだけで絵になります。画面が奇麗ですもんね~。そんな中でも存在感たっぷりの石橋凌さんの演技はさすがでした。






スポンサーサイト

2008/10/15 23:05 | か・き・く・け・こCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。