FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『レイクサイドマーダーケース』

2004年(邦)  ミステリー/サスペンス    評価★★★
監督:青山真治
原作:東野圭吾
脚本:青山真治 、深沢正樹
出演:役所広司 、薬師丸ひろ子 、柄本明 、鶴見辰吾 、杉田かおる 、黒田福美 、眞野裕子 、豊川悦司 etc


〈作品紹介〉
東野圭吾によるミステリー小説『レイクサイド』を、映画『ユリイカ』の青山真治監督が映画化。

中学受験の合宿でとある湖畔の別荘に来た3家族と塾講師(豊川悦司)。並木俊介(役所広司)は、妻・美奈子(薬師丸ひろ子)と既に別居中だったが、子供の為に渋々参加することに。夜になって俊介は近くにある愛人の宿泊先へ向かうが、連絡が取れず別荘へとUターン。そんな彼を待ち受けていたのは、リビングに横たわる愛人の死体と、「私が殺した」と告白をする妻の姿だった。警察を呼ぼうとする俊介に対し、受験に不利となるスキャンダルを恐れるほかの親たちは、秘密裏に死体を湖に沈めることにするのだが…。


〈作品感想〉
う~ん、お気に入りの東野圭吾、青山真治、役所広司の3人が揃ってこれかぁ~って感じでした。まあ確かに原作もそこまでよかった訳ではないので、そんなに期待はしてませんでしたがねぇ。

役所さんはよかったですよ、やっぱり何やらせても上手いです。演技派を揃えただけあって演技の見応えはありました。その中でも杉田かおるの存在感がちょっと突き抜けてました。彼女の迫力なら日本版のモンスターとかヤッちゃって欲しいですね。

真実が結構リアルに人間の本質をついてきますね~。もしも自分があの親の立場だったらどうしますか?倫理的に間違ってると思いつつも、自分の子供を助けようとしてしまうのでは・・・。う~ん、その状況にならないとなんとも言えませんね。

スポンサーサイト

2008/10/16 00:09 | ら・り・る・れ・ろCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。